Happy Doll 

Project 2012

It has been seven years since I started traveling with Happy Dolls which carry everyone’s wish.I can’t even remember how many children and adults I’ve met so far, with whom we made something, laughed, cried, and connected with each other. I remember them all with warm memories and passion.People’s creativity is endless. And my history with Happy Doll, which made us believe in the potential that people have, has become a very precious and important asset in my heart.

 

Again this year, I’ve met a number of lovely artists in hospitals and temporary housing, but above all, I can’t forget one boy that I met in one of those hospitals. This boy had his whole body burned, and his fingers were melted into one lump, yet he didn’t give up on making something and finally completed his work stapling here and there!His face was looking down at first, but after he finished his art piece, one eye of his which showed through a gap in the bandage was shining with joy.And this boy expressed his feeling of joy, pounding my hand with his now massive hand.Whatever the situation is, people have the power to make something out of nothing!This boy again reminded me of this power that people have.

 

Each Happy Doll is cute, funny, etc., and unique. But when these small Happy Dolls gather, they play a very bright and yet somewhat sad symphony. They encourage the patients whose disease reoccur and whose hearts are about to give in. These dolls push the doctors to do even more than their best. They moved the people in the disaster area and softened the children’s hearts at the same time. Happy Dolls made the people who created them happy, made their supporters happy, and those who look at them happy.

 

I hope people who get this book also become happy.I’d like to sincerely thank everyone who supported this project.

 

With my sincere heart, cheer up, everyone!

 

みんなの願いを乗せたハッピードールたちと、旅を始めて早 7 年。

これまで何万人の子どもたち、人々と出会い、創り、笑い、泣き、心を通わせたことでしょう。 それを今、温かい記憶や熱くこみ上げる感動とともに、しみじみ振り返っています。創造力の無限大と、人間の可能性を信じさせてくれる命の作品  " ハッピードール "との歴史が、自分にとって何ものにも代えがたい、重厚で大切な心の財産になっていること を、今、改めて実感しています。

 

今年も、病院や仮設住宅でたくさんの素敵なアーティストたちに出会いましたが、中でも 病院の少年との出会いが忘れられません。体中に大やけどを負った痛々しい少年が、指も溶けて一塊になった手で少しずつホチキスを押して完成させた作品!いつのまにかうつむ いていた顔もキッと上を向き、包帯から片方だけ出ている瞳はキラキラ輝いていました そして不屈のこの少年は、一塊の手を何度も私の拳にぶつけて喜びのガッツを表現してくれました。どんな状態でも、無から何かを生み出す力を人間は持っている!そのことを改 めて、少年は確信させてくれました。

 

かわいかったり、可笑しかったりする、世界でたった一つのハッピードール。

でも、この小さなハッピードールが集合すると、朗らかで、でもちょっと切ない願いのシンフォニーが奏でられ、温かく莫大にパワーアップするようです。

それは、度重なる病の 再発で心が折れそうな患者さんを奮い立たせ、患者さんたちのために全力で奮闘しよう! と医師を動かし、明日への一歩になったと被災地の人を感動させ、すべての人が幸せにな るようにとこどもの心をやさしくしてきました。 創る人をハッピーにし、それを支える人をハッピーにし、作品を見る人をハッピーにして きたハッピードールプロジェクト。

 

どうかこの本を手にされる方の元へもハッピーが届きますようにと、心から願っています。 今年もこの活動が続けられるにあたっては、たくさんの皆様のお力を頂きましたことに、心から感謝申し上げます。

 

みんな みんな 元気になあれ。

心をこめて。

2012年2月10日

愛媛大学医学部附属病院
院内展覧会 2/10-3/16

10 Feb. 2012

Ehime University Hospital
Exhibition 2/10-3/16

2012年5月20日

聖路加国際病院
院内展覧会 5/20-6/5

20 May 2012

St. Luke's International Hospital
Exhibition 5/20-6/5

2012年6月12日

自治医科大学とちぎ子ども医療センター
院内展覧会6/12-6/29

12 Jun. 2012

Jichi Children's Medical Center Tochigi
Exhibition 6/12-6/29

2012年9月6日

長崎大学病院
院内展覧会9/6-9/21

6 Sep. 2012

Nagasaki University Hospital
Exhibition 9/6-9/21

2012年10月10日
和歌山県立医科大学附属病院

院内展覧会10/10-10/24

10 Oct. 2012

Wakayama Medical University Hospital

Exhibition 10/10-10/24

2012年10月30日

浜松医科大学医学部附属病院
院内展覧会10/30-11/20

30 Oct. 2012

HAMAMATSU UNIVERSITY HOSPITAL
Exhibition 10/30-11/20

ハッピードールプロジェクト2012

協賛:サノフィ株式会社

Happy Doll Project 2012

Corporate partner:Sanofi K.K. 

© MASAKO TAKAHASHI 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now