At what occasions do people feel the pleasure of living?

For example, you are sick and your remaining days are countable. At such a time when you wake up in the morning and someone that you love is in front of you smiling, you might feel the happiest.

 

The Happy Doll project aims to link the hearts of people who are facing the most basic stages in people’s lives, such as birth, aging, sickness and death. Happy Dolls, tiny fabric dolls which were freely made by the patients, their families, hospital staff, etc., get displayed together with the other Happy Dolls which were made at the other hospitals.

By doing this, patients are reminded by the number of Happy Dolls that there are many other people throughout Japan who are facing disease and injury just like themselves.

I’m not the only one!

Just to know that, it could be powerful for patients to face their disease. This way, Happy Dolls which patients made bring smiles to people linking them at the same time. Thus, the number of Happy Dolls continued to increase, strengthening their happy people at the same time.

There are hundreds of Happy Dolls, but every one of them is the only one in the whole world. Everyone is different, and everyone is attractive in their own way.

We human beings are also all different, and each one of us has his or her own charm. It reminded me that each one of us is different from other people. Each Happy Doll encourages the people who look at them and make them smile at the same time. Although they were made in closed places like hospital, some make us relax with a sense of humor, embracing us with their warmth. Wherever the Happy Dolls were made, there were lots of smile. And at those places, we met people like mothers who were cheerfully encouraging their children, small children who were facing their disease the best they could, aged people who were trying to regain their physical ability, and the nurses who warmly support these people. These people reminded us how wonderful people are. And we also felt how awesome life is.

 

Through the past years, I experienced many encounters and departures, and I myself received many smiles and discovered lots of things. I feel very happy for that. It’s been four years since the Happy Doll project started. And ever since its start, I’ve been received much support, for which I feel truly grateful.

 

Also, I’m very happy to announce that the second Happy Doll book is now ready. I truly wish that this tiny book will send smiles and the energy to live.

 

Cheer up, everyone!

Happy Doll 

Project 2009

人が生きている喜びを実感できるのは

どんな瞬間なのでしょうか?

たとえば心身の不調に直面した時、

たとえば残された時間の中で、

新しい朝を迎えられ、かけがえのない人が今、目の前に生存し微笑んでいるだけでも限りない喜びを感じられるものかもしれません。

 

ハッピードールプロジェクトは、生老病死という、人生の根源的なステージを向える病院で、人の心をつないでいこうとする試みです。 患者さんやご家族、病院職員など老若男女が一緒に集い、自由に楽しく作られた布のマスコット、 “ハッピードール”は、他院で制作された作品と一緒に仲良く並んで展示されます。 病気や怪我と向き合う人々が実は、全国にたくさん存在することを“ハッピードール”の数が 実感させてくれるのです。

自分だけじゃない!

全国に、世界中に、どこかで頑張っている人々がいると感じることは、力が湧く一つの原動力になるに違いありません。

こうして、患者さんたちが作った作品は微笑みを誘い、心をつなぎ合いながら病院を巡るたびにその数を増やし、ハッピーパワーも増大し続けてきました。 何百と生まれた作品たちですが、どれもが世界でたった一つのもの。 みんな違ってみんな魅力的です。 人間は一人一人個性的で、本当に違う存在なのだということを改めて気づかせてくれます。それぞれの思いをこめて作られたお守りたちには、見る人を元気づけ微笑ませる独特の力も内在しています。病院という空間で作られたにもかかわらず、それらは肩の力が抜けるユーモア感もあり、 温かい包容力も併せ持っています。 これら“ハッピードール”が生まれた現場にはいつも、人々の笑顔があふれていました。 そこで、子どもを励まし明るく振舞うお母さんや小さな体で健気に頑張る子どもたち、 不自由になった機能の回復に励む高齢者の皆さんや

温かく支える看護師さんたちと出会い、 人間の素晴らしさを改めて感じることができました。 また、生きることの輝きに身が引き締まる思いも致しました。

 

たくさんの出会いと別れもありましたが、このプロジェクトを通して私自身、 たくさんの皆さまから笑顔を頂き、多くの気づきと貴重な経験をさせて頂きましたことを大変幸せに感じています。 ハッピードールプロジェクトが誕生して、早くも 4 年が経ちました。駆り立てられるように始めて以来、たくさんの方々に支えられて 継続することができましたことに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

 

また、念願のハッピードール作品集第二弾がここに誕生したことを何より幸せに感じています。この小さな作品集が、全国各地の病院にいる皆さまをはじめ、お手元に届いた皆さまに微笑をもたらし、生きる元気がわいてきますように、心からお祈り申し上げます。

 

みんな、みんな、元気になあれ!

​​

2009年6月11日

高松赤十字病院
院内展覧会 6/12-6/21

11 Jun. 2009

Takamatsu Red Cross Hospital
Exhibition 6/12-6/21

2009年6月26日

はやしやまクリニック(神戸)
院内展覧会 6/27-7/12

26 Jun. 2009

HAYASHIYAMA Clinic(KOBE)
Exhibition 6/27-7/12

2009年7月16日

静岡県立こども病院
院内展覧会 7/16-7/23

16 Jul. 2009

Shizuoka Children's Hospital
Exhibition 7/16-7/23

2009年8月26日

あいち小児保健医療総合センター

(愛知県・大府市)
院内展覧会 8/26-9/2

26 Aug. 2009

Aichi Children's Health

and Medical Center
Exhibition 8/26-9/2

2009年9月10日

金沢医科大学病院
展覧会9月10日~9月18日

10 Sep. 2009

KANAZAWA Medical University Hospital
Exhibition 9/10-9/18

2009年9月25日

聖路加国際病院
院内展覧会 9/25-10/16

25 Sep. 2009

St. Luke's International Hospital
Exhibition 9/25-10/16

2009年9月28日

東京大学医学部附属病院
院内展覧会 9/28-10/2

28 Sep. 2009

The University of Tokyo Hospital
Exhibition 9/28-10/2

2009年10月7日

宮城県立こども病院
院内展覧会 10/7-10/21

7 Oct. 2009

Miyagi Children's Hospital
Exhibition 10/7-10/21

ハッピードールプロジェクト2009

協賛:サノフィ・アベンティス株式会社

Happy Doll Project 2009

Corporate partner:Sanofi K.K. 

© MASAKO TAKAHASHI 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now