Happy Doll 

Project 2006

ハッピードールは、世界でたった一つの手作りマスコットです。

同じものはひとつもありません、あるものは可憐で、あるものはユーモラス。

可笑しくて笑っちゃうものもあれば、妖しく魅了するものもあります。

人間がそうであるように、みんな違ってみんな魅力的です。

でも、どの人形もみな、味があって温かいという点では共通しています。

ひとつひとつは小さいけれど、全員集合すれば厚みのあるシンフォニーを奏で、

見る人たちを元気づける大きな力をもっています。

そしてこれらはすべての病院でつくられた、様々な願いがこめられたお守りなのです。

 

” 病院の枠を越えて、人と人の心がつながる楽しさを運ぶことができたらどんなにすてきだろう…?”

今年 1 月からスタートした、全国の病院をつなぐハッピードールプロジェクトへと、

夢が向かっていったのです。 ハッピードールプロジェクトは、患者さんや医師、

職員などが思い思いに制作した マスコット人形をその病院で展示し、

次の病院へとバトンタッチしていくもので、 この 1 年間に全国 13 ヶ所の施設をつなぎ、

14 回のワークショップが行われました。

各病院での展示には、それまで制作された他院の作品も告ぐ次加えられていき

世界に一つだけの人形がどんどん増え、楽しさも増していきました。

 

この病院プロジェクトに人形づくりを選択したきっかけは、アーティストの一瀬晴美さんでした。

入退院を繰り返す彼女は、病院がより癒される場所になることを誰よりも願い

私たちのホスピタルアート活動に協力してくれました。

癌末期で余命宣告を受けた後も、彼女はかわいい人形をつくり続け

私たちの心を和ませてくれたのです。

“このやさしい素材と自由な手法であれば、 患いをもって入院中の患者さんでも

親しめるのではないだろうか…?”

こうして、彼女が遺した自由闊達な人形をナビゲーターに、私たちは病院を訪ね回りました。

このプロジェクトは、病院環境をより温かな雰囲気にしたいと望んだ一瀬晴美さんと、

引き続き夢追う楽しいたびでもありました。

病院と人と作品と心が温かくつながることを夢見て半ば強引にはじめたこのプロジェクト。

ふり返れば、よく実現したものだと思います。作品と展示パネルを収納した箱は、

全国行脚の長旅でボロボロになりました。しかし、人形は大幅に増え、豊かになって戻ってきました。

各病院で出会った様々な方の笑顔が浮かびます。 元気に退院した方、まだ入院している方、

そして先立たれた方もいらっしゃるでしょう。 誰もがいつか死を迎えます。

その瞬間まで笑いながら生きて、「ああ楽しかった!」と逝きたいものです。

これらの明るく、独創的で、夢があり、ちょと切ないハッピードールたちを目の前にして、

プロジェクトに参加された方々や支えてくださったすべての方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。

全国の人々に創られ、ハッピーを増殖させ膨らんだハッピードール群団は、 同時代を今、

ともに生きる共感と慈愛とパワーの象徴のようです。

Happy Doll is the only mascot which does not exist anywhere else in the world. There isn’t one Happy Doll that is identical to another Happy Doll. Some are lily and some are humorous. Some make you laugh, and some are sexually attractive. Just like us human beings, each one is different and each one is good in its own way. The only common thing is that they all have their own charm and make us feel warm.

Each one is small, but when they get together, they can play music like a symphony and have power to give people who come see them.

And all these amulets, in which people’s wishes are embedded, are made in hospitals.

 

“How wonderful would it be if we could convey the feeling of joy to connect with other people…?”

This was the starting point of the Happy Doll Project, which links hospitals all over Japan since January of this year.

Under this Happy Doll Project, patients, doctors, and other staff make their own Happy Doll, display their dolls inside that hospital, and then relay these Dolls to the next hospital. In the past year, we have connected 13 hospitals in Japan and held 14 workshops.

At the display in each hospital, the Happy Dolls which were made in other hospitals were also displayed, and the numbers of one-and-only Happy Dolls kept increasing.

 

The reason why I selected doll-making for this hospital project was Ms. Harumi Ichinose. She was in and out of the hospital, and happily supported our hospital art, which aimed to make hospitals a more comforting place. She was in the terminal stage of cancer and her doctor had already told her how much longer she had to live. But even knowing this, she kept on making cute dolls, which comforted our hearts.

“If people could use this soft fabric and choose any style they like, maybe any patients who are hospitalized might be interested…?”

As she continued making the dolls that we used as our navigators, we went around to different hospitals. Doing this project, I was traveling around with Harumi, who was sincerely hoping that hospitals would be a more comforting place.

 

I started this project hoping that hospitals, people, and art would be warmly linked. Looking back, I can’t believe that this project became reality. The boxes in which we put art pieces and display panels were all worn out after they went around Japan. But by then, the number of Dolls had considerably increased and our collection had become even more prolific.

 

They reminded me of smiles of various people whom we met at each hospital: those who left the hospital in good health, those who are still in the hospital, and even those who have passed away. Everyone dies some time. I’d like to live smiling until the very end and leave this world saying “Oh, it was fun!” Looking at these cheery, original, hopeful, and a bit nostalgic Happy Dolls, I cannot stop thanking all the people who have participated in the programs and those who have been supporting us.

Happy Dolls, who were made by various people all over Japan, have now expanded to one troop of Happy Dolls, and they seem to symbolize people’s sympathy, love, and power.

2006年1月20日

NTT東日本関東病院(東京)

院内展覧会 1/21-2/23

20 Jan.2006

NTT Medical Center Tokyo

Exhibition 1/21-2/23

2006年2月3日  

第一かもめ園(東京)

院内展覧会 2/4-2/22

3 Feb.2006

Daiichi Kamome-en(TOKYO)

Exhibition 2/4-2/22

2006年2月24日 

済生会栗橋病院(埼玉)

院内展覧会 2/25-3/18

24 Feb.2006

Saiseikai Kurihashi Hospital

Exhibition 2/25-3/18

2006年3月22日 

仙南中央病院(宮城)

院内展覧会 3/23-4/17

22 Mar.2006

Sennan Central Hospital (MIYAGI)

Exhibition 3/23-4/17

2006年3月23日 

はくあいホーム(宮城) 

院内展覧会 3/23-4/17

23 Mar.2006

Hakuai Home(MIYAGI) 

Exhibition 3/23-4/17

2006年3月23日 

仙南病院(宮城)

院内展覧会 3/23-4/17

23 Mar.2006

Sennan Hospital(MIYAGI)

Exhibition 3/23-4/17

2006年3月24日 

宮城県がんセンター

院内展覧会 4/4-4/18

24 Mar.2006

Miyagi Cancer Center

Exhibition 4/4-4/18

2006年4月20日 

諏訪中央病院

院内展覧会 4/20-5/12

20 Apr.2006

Suwa Central Hospital

Exhibition 4/20-5/12

2006年5月17日 

福島県立医科大学附属病院

院内展覧会 5/17-6/5

17 May.2006

Fukushima Medical University Hospital

Exhibition 5/17-6/5

小児病棟

院内学級

2006年6月 7日 

東京大学医学部附属病院

院内展覧会 6/7-7/17

7 Jun.2006

The University of Tokyo Hospital

Exhibition 6/7-7/17

2006年7月18日 

愛知県がんセンター

院内展覧会 7/18-8/21

18 Jul.2006 

Aichi Cancer Center

Exhibition 7/18-8/21

2006年8月25日 

広島大学病院

院内展覧会 8/25-9/4

25 Aug.2006

Hiroshima University Hospital

Exhibition 8/25-9/4

2006年9月8日  

PL病院(大阪)

院内展覧会 8/9-8/22

8 Sep.2006

PL Hospital(OSAKA)

Exhibition 8/9-8/22

2006年9月21日 

NTT東日本関東病院(東京)

院内展覧会 9/21-10/18

21 Sep.2006

NTT Medical Center Tokyo

Exhibition 9/21-10/18

「ハッピードールプロジェクト合同展」

会期:2006年12月11日~17日

会場:NHKみんなの広場  ふれあいホールギャラリー 

Happy Doll Project Exhibition 2006

NHK Minnanohiroba Fureai Hall Gallery 

11 Dec-17 Dec.2006

ハッピードールプロジェクト2006

助成:ゴールドマン・サックス証券株式会社

Happy Doll Project 2006

Corporate partner:Goldman Sachs Japan

© MASAKO TAKAHASHI 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now